AviUtlとは? 動画制作初心者におすすめの無料ソフト

AviUtl
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

AviUtlとは?

 AviUtl(エーブイアイ ユーティーエル/ユーティル)とは、「KENくん」さんが開発した動画編集ソフトです。無料で高度な編集ができるため、多くの人々に利用されています。

なにがすごいの?

無料

 AviUtlはフリーソフトウェアです。使用するのにお金はかかりませんし、ライセンスによる縛りもありません(どんな目的に使用してもOK!)。

 AviUtlAdobe After EffectsAdobe Premiere ProFinal Cut Pro
 
特徴・無料
・他ユーザーのほとんどが日本人(サポートが充実)
・コミュニティが大きい
・他のソフトに引けを取らない高度な編集が可能
・映像の加工やアニメーションの制作に向く
・モーショングラフィックスやVFX、MVなどの制作に使われる
・他のソフトに比べれば難易度が高い
・他のAdobe系ソフトとの互換性が高い
・テロップやエフェクトをかけるなど
・動画制作の現場において一番メジャー
・数多くのYouTuberも使用
・直感的な操作
・アニメーションなどは作れない
・直感的な操作
・テロップやエフェクトをかけるなど
・多くのYouTuberが編集に使用
・Apple製品と親和性が高い
価格
無料

単体 2,480円/月
他ソフト込 5,680円/月

単体 2,480円/月
他ソフト込 5,680円/月

36,800円
自由度
難易度
定番度
対応OSWindowsWindows / MacOSWindows / MacOSMacOS
※ 価格や対応OSなどの情報は、2020年4月現在のもの

にもかかわらず、他の名だたるプロ向けの有料ソフトに引けを取らない自由度で、技術さえあればクオリティの高い動画制作にチャレンジすることができます。

スポンサーリンク

コミュニティが大きい

 AviUtlは、日本ではかなりメジャーな動画編集ソフトです。そのため、コミュニティが充実しており、拡張機能(スクリプトやプラグインなど)がかなり充実していたり、不具合の対処法を日本語で調べることができたりと、日本人には優しいソフトウェアになっています。

プロ並みの映像作品も作れる

 上にも書いたとおり、有志が作成したスクリプトやプラグインを導入すれば、お金をかけずに無限に拡張をすることができます。つまり、技術と根気さえあれば、AviUtlを使ってプロとして仕事することもできます(実際、AviUtlで作成されたプロの映像作品もたくさんあります)。

動作が軽い

AviUtlはWindows XP以前から開発されているソフトであるため、歴史が深く、低スペックなPCでもサクサク動作します。

ただし、最新のハードウェア向けに作られていないので、動作環境やバージョンによっては、他のソフトのほうが動作が高速だったりもします。

AviUtlはどうやって導入するの?

AviUtlの導入方法は、当サイトで紹介しています!

AviUtlの歴史

 AviUtlは、もともとカット編集やフィルタ加工、エンコードといった基本的な機能しかありませんでした(正確にはAviUtl本体にはこの機能しかない)。

しかし、2008年。AviUtl本体の作者であるKENくん氏によって拡張編集プラグイン(exedit)がリリースされたことにより、タイムラインを用いた高度な編集が可能になりました。

タイムライン

さいごに

 AviUtlは初心者におすすめの映像編集ソフトです。完全無料で使用できるため、あとから他のソフトに乗り換える場合でも、なにも失うことは有りません。むしろ、映像制作で得た編集技術やデザインの知識などは、他のソフトにも応用することができるので、はじめて映像で遊ぶ体験をするならAviUtl一択です。

 

タイトルとURLをコピーしました