【AviUtl】万能入力プラグイン L-SMASH Worksの導入方法

AviUtl
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

L-SMASH Worksとは

 AviUtlは、初期でAVI・WAV・JPGといった最低限の形式のファイルしか読み込めません。しかし、L-SMASH Worksを導入することにより、読み込めるファイル形式を大幅に増やすことができます。

 AviUtlで動画制作を行う上では欠かせないプラグインです。

読み込めるようになるファイル形式

動画mp4, flv, mov, wmv, webm, ts など
音声mp3, ogg, wma, aac, m4a など

L-SMASH Worksの導入方法

L-SMASH Worksの導入に必要なもの

・拡張編集Pluginを導入したAviUtl

・ZIP解凍ソフト

ダウンロード

まずは、配布サイトにアクセスします。

最新の L-SMASH Worksをダウンロードします(上の方)。

似た名前の「L-SMASH」などが同サイトで配布されていますが、今回は「L-SMASH Works」をダウンロードします。間違えないように注意してください。

インストール

ダウンロードしたL-SMASH Worksを解凍すると、このようなファイルが現れます。

次に、AviUtl本体である「aviutl.exe」があるフォルダ内に、「plugins」フォルダを作ります(大文字の「Plugins」でもOK)。

「plugins」であることに注意しましょう。「s」がないと認識しません。

この「plugins」フォルダにL-SMASH Worksの

  • lwcolor.auc
  • lwdumper.auf
  • lwinput.aui
  • lwmuxer.auf

を移動させます。

これで導入は完了です。

「aviutl.exe」と同じ階層に配置しても正常に動作しますが、フォルダ内が汚くなるのでおすすめはしません。

AviUtlを起動して、「その他」→「入力プラグイン情報」から「L-SMASH Works File Reader rXXX」と表示されていれば、正常に導入されています。

優先度の設定

L-SMASH Worksを導入したら、しなければならない重要な設定があります。これを忘れると、プラグインの相性によっては、AviUtlがクラッシュしてしまうこともあります。

「ファイル」→「環境設定」→「入力プラグイン優先度の設定」をクリック。

L-SMASH Worksを選択して、一番上に移動させます。

この「入力プラグイン優先度の設定」は、ファイルを読み込むときにどのプラグインを使用するかを、上から順番に決めていきます。

DirectShow File Reader(動作が少し不安定)などといったプラグインが混在しているとき、L-SMASH Worksは一番上、DirectShow File Readerが一番下にして、最終手段とするのが最も安定します(クラッシュしづらい)。

ただし、導入されているプラグインの環境によっては、この順番を変える必要があるので、各々の環境で微調整をしてください。

実際に使ってみる

拡張編集のタイムラインにmp3やmp4のファイルをドラッグアンドドロップしてみます。

すると、ダイアログが一瞬表示されたあと、タイムライン上にmp3やmp4が置かれました。

L-SMASH Worksは基本的には初期設定不要で動作します。が、設定が必要になったときは、「ファイル」→「入力プラグインの設定」→「L-SMASH Works File Reader」をクリックします。

詳しい設定内容は、ここでは割愛します。

L-SMASH Worksでファイルを読み込むと、「○○○.lwi」というファイルが生成されます。これはL-SMASH Worksが2回目以降ファイルを読み込むときに、潤滑に動作するためのファイルです。

これを無効にするには、設定画面真ん中の「Create Index file」のチェックを外します(その後、AviUtlを再起動する必要がある)。

これにより、lwiファイルは生成されなくなりますが、AviUtlにファイルを読み込むのにかかる時間は長くなります。

これも一緒に

L-SMASH Worksの動作を別プロセスで行うことで、AviUtlの動作を安定させるプラグイン「InputPipePlugin」があります。導入しておいて損はないでしょう。

さいごに

当サイトでは入出力プラグインの解説も行っていますので、よければご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました