【AviUtl】簡単にmp4でエンコード! x264GuiExの導入方法を解説

AviUtl
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

x264GuiExとは?

x264GuiExは、「x264」というエンコードソフトをAviUtlから使えるようにしたプラグインです。

エンコードとは

エンコード(encode)は、AviUtlなどの動画編集ソフトの内容を動画ファイル(映像+音声が一つになったファイル)にまとめる作業のことを言います。映像作品をつくるために、欠かせない作業です。

なにができるの

x264GuiExを使用すると、高画質・低容量の動画を難しい知識なしでかんたんに出力することができます(細かい設定も可能)。

例えば、1280×720 60fps 60秒の動画をAVI無圧縮(AviUtlに標準で搭載)とx264GuiEx(YouTubeプリセット使用)で比較すると

方法AVI無圧縮x264GuiEx YouTubeプリセット
形式AVIMP4
時間約 1 分約 10 秒
容量約 9.3 GB約 200 KB
1280×720 60fps 60秒の真っ黒な動画(オブジェクトなし)をエンコードして比較

エンコード時間は6倍以上、容量に関しては4万倍以上の差をつけて、エンコードが完了しました。

 容量に差が出たのは、エンコードの際に動画ファイルを「圧縮」しているからです。圧縮すると、動画の画質や音質などが劣化します(つまり、画質はAVI無圧縮 > x264GuiEx となる)。

 画質が高ければ高いほど良いと思われる方もいるかもしれません。しかし、動画サイトなどに投稿するとき、あまりにも動画の容量が大きすぎると、動画サイト側で再エンコードされ、かえって画質が悪くなってしまうことがあります。

 その動画サイト側の再エンコードがされないギリギリの画質(もしくは、再エンコードされても問題ない画質)を狙うことで、キレイな映像を投稿することができます。

 この基準のクリアには専門知識が必要なのですが、x264GuiExでは予め、YouTube・ニコニコ動画・Twitterといった動画投稿サイト用のプリセットを用意しているので、簡単にエンコードを行うことができます。

x264GuiExの導入方法

x264GuiExの導入に必要なもの

・拡張編集Pluginが導入されたAviUtl

・ZIP解凍ソフト

ダウンロード

まずは、x264GuiExの配布ページにアクセスし、最新のプラグインを入手します。

インストール

ダウンロードしたら、ZIPファイルを解凍します。

中にたくさんのファイルが含まれているので、「auo_setup.exe」を起動します。

「AviUtlのフォルダ」とあるので右の「…」から、「aviutl.exe」が含まれるフォルダを選択します。

「次へ」を押します。

「x264guiEx.auoのインストールが完了しました。」と表示されたら「終了」をクリックします。

これでx264GuiExのインストールは完了です。

実際に使ってみる

実際にエンコードしてみます。「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張x264 出力(GUI) Ex」をクリックします。(クリックできない場合は、新しくプロジェクトを作りましょう)

すると、出力画面が表示されるので、下の「ビデオ圧縮」をクリックします。

x264GuiExの設定画面が開きます。

タブの「プロファイル」からお好みの設定を選んでください。

選択したら「OK」を押し、ファイル名を決めて「保存」します。これでエンコードが始まりますので、しばらく待ちましょう。

エンコードはパソコンに多くの負荷がかかります。また、動画の長さやフレームレートなどが増大すると、エンコード時間も長くなります。エンコードが完了するまで気長に待ち、出力に失敗する場合はAviUtlやx264GuiExの設定を見直してみましょう。

完了すると、このような画面になります。

mp4ファイルが指定した場所に生成されているので、動画サイトに投稿するなりしましょう。

さいごに

これでエンコードが簡単にできるようになりました。

当サイトでは入出力プラグインの解説も行っていますので、よければご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました