テクニック

AviUtl

【AviUtl】画面をいい感じにするなら「LUT」を使ってみよう【スクリプト紹介】

今回ご紹介するのは、LUT(Look Up Table)というものです。これはAviUtl以外にも様々な映像制作の現場で使われているもので、画面全体の色をいい感じに変えることができるものです。たとえば、映画なんかはカメラで撮影した映像その...
AviUtl

【AviUtl】放射線模様をつくる方法(3選)【テクニック】

今回は、マケドニアの国旗や日章旗のような、放射線模様をAviUtlでつくる方法を3つほど紹介していきたいと思います。 極座標変換を使った方法 まずは、四角形を出します。それにグラデーションを掛けて、値をこのように設定します。色...
AviUtl

【AviUtl】簡単にできる!糸の表現【テクニック】

はじめに 今回は「糸」の表現を、カスタムオブジェクトと簡単なスクリプト制御だけで行う方法を紹介したいと思います。 カスタムオブジェクト「曲線矢印」 使用するには、さつき氏の「AviUtlスクリプト一式」が必要です! ...
AviUtl

【AviUtl】素人感を消す!画面の質感づくり

”画面の質感づくり”の大切さ 映像をつくる上で、”雰囲気”というのは馬鹿にできない要素の1つです。というよりも、その”雰囲気”ありきで、どのような映像ができていくかが決まってしまいます。 個人的には、はじめに「画面の質感」や「...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました