【Amazonプライムデーセール】4920円でBeatsXを買ったぞ!【レビュー】

ガジェット
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

Amazonプライムデーセール

今年もありました! Amazonプライムデーセール

10/13~10/14に開催され、たくさんの激安商品が目白押しでしたが、今回はひっそりと値下げされていた超有名商品を発見してしまいました。

それが……

あのBeatsです!!!!!

そうです。BeatsX4920円という、半値以下で投げ売りされていたのです。

これは買うしかねえ!と速攻でポチりました。

BeatsXの仕様

定価10,780円(購入当時)
イヤホンカナル型
充電最長8時間
Fast Fuel機能5分の充電で約2時間の再生
防水・耐水なし
AppleチップW1テクノロジー

開封の儀

箱は非常に高級感があります。

スライド式で、簡単に開けることができました。

ケーブルはフラットなきしめんタイプ。ゴミを吸着しそうなシリコン素材です。

充電端子はLightningで、充電はiPhoneと共通のケーブルで行うことができます。

スイッチ兼マイクが用意されており、音量調整や曲送り・曲戻しも可能です。これはAirPodsにはない機能です。

イヤホン部分にはマグネットが内蔵されていて、くっつけて持ち運ぶことができます。

付属品

付属品は、以下の通りでした。

・Lightningケーブル
・説明書&ステッカー
・イヤーピース(大中小、3種類 計6個)

接続

接続は超簡単です。本体の電源ボタンを長押しすると、BeatsXが起動します。

すると近くにあるApple製品からこのような画面が表示されるので接続するだけです。

さすがはApple製のチップを積んでいるだけあって、Apple製品との親和性はバッチリです。

起動して瞬時にペアリングが可能です。

私はiPhone 11から接続しましたが、初回起動でも10秒ほどでペアリングが完了しました。

しばらく使用してみた感想

音質

音質は文句のつけようがありません。さすがはBeatsだけあって、音はかなりいいです。

カナル型なので、しっかりと音楽を耳に届けてくれます。

低音ドスドスといった感じよりも、高音が大きめのシャリシャリとした音です。臨場感には欠けますが、繊細でクリアな音質といえます。

バッテリー持ち

バッテリー持ちは、かなり優秀です。

1日数時間ほど使用していますが、一度満充電してから4日は持ち続けています。

連続稼働8時間という長時間の使用にも耐えるため、充電が億劫な方にはおすすめ。

さらにFastFuel機能搭載で、5分の充電で2時間使用できるという機能もあります。

使用感

ケーブルは少し長いかなといった印象です。ただ個人的には支障があるほどではありませんでした。

問題は、音量調整スイッチの場所がわかりにくいというところでしょうか。片手で操作しようとすると、少し慣れが必要かなといった印象です。

ペアリング速度に関しては何の不満もありません。

めちゃくちゃ早いです。電源をつけて1秒以内にペアリングができます。

Appleユーザーなら買い

やはりApple製チップを搭載しているだけあって、親和性がとても高いです。

Androidでも使用できますが、やはりおすすめはiPhoneをメインで使用している方でしょう。

ただし、音の臨場感にこだわる人にはおすすめしません。高音が強めです。それでも使用したいという人は、iPhone本体のイコライザー(Bass Boost)を使用して、低音をマシマシにするのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました