【AviUtl】完全初心者向け 基本講座集【導入~使い方】

AviUtl
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

AviUtlを使いはじめる

シリーズ「AviUtlを導入」では、AviUtlで動画制作を始めていくにあたって、必須の準備を解説しています。

① AviUtlのダウンロード

AviUtl本体と拡張編集プラグインを導入します。

② 入出力プラグインの導入

AviUtlで動画編集をするのには必須の、入出力プラグインを導入します。

③ AviUtlの初期設定

動画編集しやすいように、AviUtlの初期設定を行います。

AviUtlを触ってみる

シリーズ「AUL BASICS」では、初心者~中級者向けに解説を行っていきます。

解説にあたって、拡張編集や入出力プラグインの導入を終えていることを前提としています。

① 最低限の操作を知る

プロジェクトの作成→エンコードまでを、一通り動画制作を行いながら、最低限の操作方法を知ります。

② 画面の意味と関係性を知る

画面上のウィンドウがどのような意味を持ち、どのような関係性を持つのかを解説します。

③ オブジェクトを使う

画像やテキストなどといったオブジェクトを配置し、内容を設定します。

④ エフェクトを掛ける

オブジェクトにエフェクトを掛ける

⑤ 動画を出力する

完成した動画をエンコードするために、出力設定を解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました